黒ネコ琉璃の噺とゲームの小部屋

琉璃が思いつくままに小説を書いていく部屋です。テイストはラノベ、少女小説といったところでしょうか。眠れない夜のお供にでも。ときどき(?)ゲームと飼い猫の話もつぶやくと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

お願い


ここは、琉璃が書くオリジナル小説置き場です。
以下、訪れていただいた皆様にお願いがありますので、ご一読お願いいたします。

・ 誹謗・中傷、荒らし行為の禁止

ご指摘、ご感想は大変ありがたいですが、誹謗・中傷、荒らし行為はなさらないようお願いいたします。
そのような行為を見つけたときは、誠に勝手ながら、私の判断でコメントなどは削除させていただきます。
訪れていただいた方全てが気持ちよく利用できるサイト作りにご協力お願いいたします。

・ 自己責任による閲覧

サイトの閲覧は個人の責任においてなさっていただきます。
グロい、エロい、は中心にしていませんが、場合によっては読後にご気分を害される場合もあるかもしれません。その場合でも、私は責任を負いかねますのでご了承ください。R指定のある記事は、当該記事のタイトル部分にその旨記載させていただきますので、それを目安にご覧ください。
また、サイト内に広告等があるかと思いますが、そちらで買い物等をされてても、当方では責任を負いかねますので、苦情・問い合わせ等はお買い物をされたサイトにてお願いいたします。

・ 転載・流用の禁止

当サイトの掲載物は、オリジナル小説です。著作権は放棄しておりません。
もし転載したいとおっしゃる方がおられましたら、私までご一報ください。
私の文章程度では、流用しようなどと思われることはほとんどないとは思いますが、お願い申し上げます。
また、私自身もどなたかの流用とは言われないよう注意しているつもりですが、そのように感じられた方がいらっしゃいましたらご一報ください。その際は、どなたの、どの作品の、どのあたり、ということを具体的にご指摘いただけたら幸いです。

ブログ管理人  琉璃





スポンサーサイト
初めに | コメント:0 | トラックバック:0 |

女神の巫女姫 no.16

 強く輝く青玉と翠玉の視線が、穏やかな風の吹く坂道の上で交錯する。さやさやとなる葉擦れの音が耳に響くほどの静寂が、あたりを満たしている。
 先に視線を逸らしたのは、少女のほうだった。

「別に、そんなに変なことだとは思わないけどなぁ」

 体を反転させ、足をけり出すようにゆっくりと歩き出す。そんな少女についていくように、青年もそのままの距離を保って歩く。困ったような声で、何かを話し出そうとする少女の心を慮って。

「だって、わたしを必要としてくれるのは、セシルしかいないんだもの」
「・・・『巫女姫』のあなたはそれだけで、この世界では必要とされる存在なのでは?」

 独り言に似た、少女の呟き。自嘲を含む声音は、普段ののほほんとした少女には不似合いなもの。

「確かに、『巫女姫』のわたしを必要としてくれる人は多いわ。女神の恩恵である、精霊たちの加護を一身に受けてるんだもの、当然よね。・・・でも」

 言葉を切って、軽く息をつく。少し上った丘の上から見える遠くの景色を眺める横顔には、薄く浮かべられた笑み。けれど、口元とは裏腹に、瞳の中にはどこか寂しげな光。

「「わたし」を必要としてくれるのは、セシルだけだもの」
「・・・・・・・・・」

 降り注ぐ光は温かく、吹き抜ける風はさわさわと心地よく肌をなでる。のどかな光景にふさわしい、春を体現したような光に満ちた少女の中には、その外見とは似つかわしくないものが潜んでいる。
 そのアンバランスな危うさは、見る者の視線を引き付ける何かがあった。儚げにさえ見えるそのたたずまいは、触れれば壊れてしまいそうで。
 カイが魅入られたように、見つめることしかできない中で、少女はふっと、その纏う空気を変える。まるで、今までのものは白昼夢であったかのように、真昼の光の中に消えていた。

「まぁ、どんな形でも、必要とされているっていうだけで幸せなのかもしれないけどね」

 ふわりと微笑んで青年を振り向く少女の顔は、その雰囲気に似つかわしい、無邪気なもの。何一つ思い悩むことなどないというような、明るい表情。
 けれど、一瞬で消された儚さのほうが、きっと少女の本当の姿なのだろう。
 常に浮かべられている、子供らしさを残すふわふわとした表情は、少女が自分を守るための武装なのだ。『巫女姫』という重責を負い、早く大人にならなければならなかった少女の。

「さ、先を急ぎましょ。このままだと、セシルたちに置いていかれちゃうわ」
「・・・そうですね。急ぎましょう」

 いつか少女が、装うことのない表情をすることができることを、心の中で祈りながら、カイは歩く速度を上げてリシルの後を追った。



   to be continued
女神の巫女姫 | コメント:0 | トラックバック:0 |

黒猫 5

みなさんこんにちは、黒ネコの母親琉璃です。

猫のようにこたつで丸くなって寝ていられる人生(猫生?)って、超うらやましいと思ってしまう私は、人間失格なんだと思います(笑)

さて、うちの息子。

昔っからなのですが、猫としてはいろいろと間違っていることが多いんですが、今日はその中の一つをご紹介。

うちの子、めっちゃ足音なるんです。

猫って、気づいたら間近にいるとか、神出鬼没だとか、ひっそりと忍び寄るだとか、そんなイメージがありますよね。
そんな、気配を感じさせないところが不気味だとか言われたり。

えぇ、うちの子は、そんな不気味さ、一切ありません。


フローリングにひいたクッションマットの上を歩くと

ぺっちゃぺっちゃぺっちゃぺっちゃ


絨毯の上を歩くと

さわさわさわさわ


畳の上を歩くと

ぱったぱったぱったぱった


どこかに飛び乗ると

っっっどたん!!


どこかから飛び降りると

っぼとん!!


何かにびっくりして走り回ると

どったんばったんどったんばったん



・・・・・・とりあえず、ちょっと静かに動こうか。ここ、マンションだし。

人間が歩くのと同じか、それ以上の足音を鳴らすネコ。

育て方、きっとまちがえたんだろうなぁ・・・(遠い目)
黒猫 | コメント:0 | トラックバック:0 |

女神の巫女姫 no.15

 一方、リシルとカイは、ジークの予想通り二人で行動をしていた。
 「魔物」の襲撃を退けた後、リシルが真っ先にセシルの居場所を探索したところ、今リシルたちがいる場所から少し離れた場所にいることが分かった。そのままセシルのもとへ行こうとするリシルを、穏やかな微笑みを崩さないカイがなだめる。

「もうちょっと様子をみましょう。たぶん、セシルは兄さんと一緒にいると思いますので、何らかの動きがあるはずです」

 カイも、あの戦闘中の仲間の動きを把握しており、セシルとジークが近くにいたことに気づいていた。その状況ならば、あの、人を守ることに長けた兄が少女のそばを離れるとは思えない。黒髪の少女は、自分を守ることのない、どこか危なげな戦い方をしていたから。
 その言葉通り、少し経つとセシルの反応は丘の上に向かって進みはじめた。シルフィードのいる、丘の頂上を目指す形になる。
 リシルたち二人は森の中だが、始めの一本道からそれほど離れておらず、もとの道に戻ることが出来る。そこから、シルフィードのいる丘の上までの最短経路をたどると、自然とセシルたちと合流できるため、このまま丘の上を目指すことにする。
 二人は、森を抜け丘の坂道を登りながら、周囲への警戒はしつつも世間話に興じていた。

「お二人は、仲がいいんですね」

 そんな中で、ふとカイが話題を転換した。その転換に不自然なところはどこにもなく、何の意図もないように見える。

「あら、カイたちは兄弟仲よくないの?」

 カイの問いに、リシルは翠の大きな瞳をさらに瞠ってみせ、その言葉を否定することなくさらりと話題をすり替える。
 小首を傾げた拍子に、穏やかな日差しをきらきらと弾く金の髪が、ふわりと小さな顔にかかる。邪気のない、のほほんとした笑顔は見る者の警戒心を崩す効果がある。
 そんなリシルの反応にも、特に表情を崩すことなくカイは答える。

「別に悪いわけではありませんよ。ただ、リシルたちの仲のよさが、特に際立って見えただけです」
「あら、そう?別に普通だと思うわ」

 青年の、春の日差しのような笑顔で、何を含んでいるかのような言葉。
 対するは、少女の、含みなど何も気づきませんと言わんばかりの、無邪気を装った笑顔。
 狐と狸の化かし合いじみた微笑みの応酬は、二人が分かれ道にたどり着くまで続いた。

「別に、他意はないんですよ。ただ、噂通りだなと思っただけです」

 そんな無益な戦いに終止符を打ったのは、道の分岐で立ち止まったカイの困ったような笑顔とともに吐き出された台詞だった。

「現代の『巫女姫』は、格別絆が強い、と伺っていたものですから、本当にその通りだと。ただ、不思議に思って」

 襟足にぎりぎりかかるくらいまで伸ばされた銀髪に隠された首の後ろをかきながら、そんなことを言う。
 立ち止まった青年に合わせて、少女のほうも立ち止まり、数歩後ろにいる青年に振り返る。彼の兄ほどではないが、長身の部類に入る青年の顔を見るには、小柄な少女は仰ぎ見なければならなかった。

「同じ地位にいる近しい者が二人いて、片方が明らかに優遇されている状態で、なぜそんなにも仲がいいのか。いや、仲がいい、なんて生易しい表現では足りない」

 カイはそこで言葉切る。自分の感じるものを表すのに、適切な表現を探して視線を軽く伏せる。
 何か思うところがあるのか、口元に残された笑みはどこか苦味を帯びている。

「まるで、お互いに依存しあっているような。・・・そう、二人だけで、世界が完結している、と表現するのがふさわしい」

 上げられた視線は、その中にある感情を読み取ろうと、まっすぐに少女の翠色の瞳をとらえている。



   to be continued
女神の巫女姫 | コメント:0 | トラックバック:0 |

おでかけ 3

みなさんこんにちは、黒ネコの母親琉璃です。

今年も残すところ後数日。
ホント、年を取るごとに、一年が瞬く間に過ぎていきますね。

で、今回のお出かけはお出かけと言えるものではありません。
単に美容院に髪を染めに行っただけです(笑)

私は基本的に長い髪が好きです。
というか、自分の顔が好きじゃないので、できるだけ顔の周りに髪の毛があるほうが好きなんです。

で、久しぶり(3か月ぶり)に、髪を切りました。
私、めっちゃ髪の毛多いんで、そろそろ洗いにくくなってきてたんですよね。

あ、ちゃんと洗ってますよ!
不潔じゃないですよ!!

で、そのついでに、色もきちんとしてきました。

地髪は真っ黒に近い黒なので、雰囲気柔らかくするために、ちょっと明るく。
でも、傷んで黄色くなるのはいやなので、あまり明るくしすぎないように。

もともと色素の薄い人なら、これくらいの髪色の人はいると思うので、たぶんお堅いめの職場でも許容されるくらいかと。
そのうえで、髪の量を減らしたので、だいぶ軽くなりました。

ついでに、伸ばしっぱなしで分けていた前髪も切ったので、だいぶ幼い感じになりました。

最近、やたら実年齢より幼くみられるので、まずったかな、とかも思ってますが(笑)

そう、最近、やたら幼くみられるんですよ。

昔なんか、年上にしか見られたことなかったのに。
小学生の時点で高校生、
中学生の時点でおばちゃん、
高校のときには、関西のおまわりさんに「おねぇさん」
と呼びとめられる程。

う~ん、どうやら、高校生あたりから顔が変わっていないような?
やっと顔と実年齢が一致してきたような??

そんな感じなんですよね。









日々の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。