FC2ブログ

黒ネコ琉璃の噺とゲームの小部屋

琉璃が思いつくままに小説を書いていく部屋です。テイストはラノベ、少女小説といったところでしょうか。眠れない夜のお供にでも。ときどき(?)ゲームと飼い猫の話もつぶやくと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

紅茶 1

皆様おはようございます。
黒ネコの母親琉璃でございます。

最近くっそ寒い日々が続き、飲み物も温かいものが恋しくなってくる今日この頃。
皆様いかがお過ごしでしょう。

温かい飲み物の定番といえば、コーヒー、紅茶、緑茶といったところでしょうか。
私は、正直コーヒーがそれほど好きではありません。飲めなくはないけど、ミルクと砂糖が大量に欲しいです(笑)

大学時代に、合同ゼミの討論会的なものでそれなりにいい成績とったらしく、商品としてルピシアさんのオレンジティーをいただいたのがきっかけで、それ以来完全な紅茶党です。
純粋な紅茶(普通のセイロンとかアッサムとか)も好きですが、フレーバーティーも好きです。
ただ、フレーバーは人それぞれ好みがあるので、お店に行って、自分の好きな匂いのものを選ばないと、えらいことになります(^^;)

個人的な感想としては、無○良品さんのフレーバーティーはそんなに好きじゃありません。ティーバック一つじゃ、マグいっぱい作れないし、匂いもちょっと・・・。笑ったのが、ある種類のノンカフェインフレーバーティー。リンゴとカシスの香りを見事に殺しあってて、残念過ぎました(笑)

んで、ルピシアさんを探して、いくつか試してみました。
最初に買ったピッコロっていうノンカフェインティーは好きでした。それこそ、砂糖もなんも入れないで、ストレートでおいしかったです。香りがきちんとしていて、それが味になっているような。「お茶」としても飲めます。50gリーフで650円。まぁ、学生でも手が出せるお値段でした。ペットボトルのジュース5本分の値段と考えれば、断然お得です。

でも、二度目に買ったピーチメルバは失敗でした。これはお砂糖をたくさん入れるとデザートっぽくていいんですが、「お茶」としては私には向きません。これのおいしい飲み方は、たぶんかなり濃い目に入れて、砂糖とミルクを入れて、それ自体がおやつのように飲むのが良いかと。

そして、あるとき行ったお店にたまたま売っていたティーバックの紅茶を買ってみたら、それもおいしかったんです。
ムレスナティーの白桃アールグレイ
唯一アマゾンさんで単品で売ってたんで、リンクくっつけとしました(笑)
もともと、アールグレイをストレートで飲むのが好きなんですが、それに桃の香りがついていて、甘いながらもすっきりとしていました。香りも、変な甘ったるさもなく、人工っぽい鼻につく感じもなく。
こういう、一度気に入ったものを出しているお店って、他のんもおいしい可能性が高いんで、ちょっと探してみました。前述の袋の中に、お店と他の茶葉の紹介が入っていたので、興味を惹かれて。
だって、紅茶の名前が、秀逸なんだもの(笑)
「白桃アールグレイ」は普通でした。
「ハワイアンベリー」も、その紅茶の雰囲気を表しているんだろうから、よし。
「杏子のジュリエッタ」
「花の首飾り」
「京都四条の香り」
・・・・・・・・・??
もう、何を表しているのかわかりません(笑)
でも、味がいいのは疑いようがないので、お店に買いに。

大阪梅田のハービスプラザ(ハービスエントの向こう側)に、ティーハウス(名前The tea)がありました。なので、そこでいくつか飲んでみてから決めようかと。
その時はこのブログによく出てくる(笑)母と行ってきました。母は完全にコーヒー党で、紅茶は正直好きじゃないんだとか。

でも、そこで頼んだ「マロンパリ」はものすごくお気に召したらしく、ティーバックですけど、買って帰りました。これは、先ほど出したピーチメルバのように、砂糖とミルクを入れて、それ自体デザートのようにして飲むのがおいしい飲み方だと、私は思います。キャラメルミルクティーに、メープルとマロンの香りがして、濃厚な甘さになります。めっちゃおいしいです。でも、私のように「お茶のように」飲むには適しません(^^;)
アマゾンさんにあれば、これにもリンクくっつけたいんですけど、この種類はありませんでした。私的には甘いものが好きな女性にはこっちのほうがおすすめなのにな。

で、私は「パステル色のお誕生日」という、これまた秀逸な名前のついた紅茶を選びました。もともとベリー系の香りとか味が好きなので、とてもよろしい感じでした。お店ではミルクティーに合う、とされてましたが、私的には、砂糖は入れるにしても、ミルクはなくていいかなぁ、という感じ。もちろん、入れてもおいしいですがね。気分を変えて飲めるっていう意味で、いいと思います。これもおすすめ。甘ったるいものが好きでない(けど、甘いものは好きな)方にいいんじゃないかな。

私は、50gリーフをひと月未満で消費するような飲み方をしているので、150gリーフを購入。2089円だったかな?2100円はしなかったです。ちょっとお高いですけど、まぁ、日常の少しの贅沢として許される程度かな、と。普段贅沢していないのか、と聞かれるとキビシイですが(笑)

そんな感じで今、このPCの横には「パステル色のお誕生日」を入れたお茶がいい香りを放ちながら鎮座しています。

でも、こんなの飲んでると、スーパーとかで売ってる、お値段が懐にやさしい感じのものが飲めなくなります(^^;)人間って、ほんと、一度贅沢覚えると困りますねぇ・・・。

あ、一応一言。
ここに書かれているのは、あくまで個人の感想です。
それ自体が悪いとか、批判しているつもりはありません。
後、おすすめはしますが、絶対おいしい、というのも保証しかねますので、リンク先で買ってみて「おいしくなかった!!」とか言われても、私は責任を負いかねますので、ご了承ください。




ルピシアさんの紅茶缶セット。紅茶が好きな方の手始めにはよいのでは。記事中で挙げたピッコロも入ってます。↓↓
紅茶 ルピシア フレーバードティー 3缶セット紅茶 ルピシア フレーバードティー 3缶セット
ルピシア
商品詳細を見る


記事中に名前だけ出た「京都四条の香り」。説明によると、トルキッシュローズとジャスミンで京風なアレンジ出そうです。↓↓
MLESNA TEA CUBE BOX 京都四条の香り 27.5g(2.5g×11包)MLESNA TEA CUBE BOX 京都四条の香り 27.5g(2.5g×11包)
ムレスナティー
商品詳細を見る


んで、記事にも出てきてないけど、説明見ておいしそうだな~と思ったもの。これもマロンパリとおんなじで、ミルクティーにするとおいしいんだろうな~、と思う一品。↓↓
MLESNA TEA CUBE BOX キャラメルクリーム 27.5g(2.5g×11包)MLESNA TEA CUBE BOX キャラメルクリーム 27.5g(2.5g×11包)
ムレスナティー
商品詳細を見る

スポンサーサイト
日々の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

女神の巫女姫 no.8

「まず、僕たちの世界に起きていることを、先にお話しします」

 カイはまず、そう切り出した。

「数年前のことです。『ガータ』では、少しずつ、けれど確実に、世界中のマナが減少し始めました」

 当時は原因がわからず、国のマナの研究者たちは慌てふためいたらしい。『ガータ』では、人々のマナの使用量を管理し、制限しているため、そんなことが起こるはずもないからだ。

「しかし、とある遺跡の古代兵器が、稼働していることがわかりました」

 『ガータ』には、現在よりはるかに進んだ文明が、古代に存在したらしい。古代文明の遺跡には、マナを大量に消費する兵器が眠っているそうだ。
 けれど、さらに調べてみると、マナの減少はその古代兵器の稼働のみでは起きえないほどの規模だったという。

「その古代兵器の中で、神の御力を使う儀式が行われていたのです」

 『ガータ』の神話においても、創世神ガートライトはアデルライトにより封印されたと伝えられている。
 『ガータ』には、『アデラ』のように神の力を使うべき『巫女姫』のような存在もいない。にもかかわらず、神の御力を使う者が現れた。

「サーダル、か・・・?」

 どのような経緯でサーダルが『ガータ』と『アデラ』を行き来しているのかはわからないが、カイたちがサーダルを追っているということはそういうことなのだろう。

「そうです。サーダルは、神の御力を使って、神へと至る『道』を作っています。その『道』の維持のために、『ガータ』のマナが搾取されているのです」

 神の力を使う技術は、それ相応のマナを消費する。しかも、発動のみでなく、維持となると、消費量は莫大だ。

「特に問題はないんじゃない?神へと至る『道』なら、ガートライトを復活させるってことでしょ?」

 『道』というものがどういうものかはわからないが、“神へ至る”ということは、封印された神との接触を図ることが出来ると解釈していいはずだ。封印されている神と接触するということは、その封印を解くくらいしか目的は見いだせない。
 封印されていてさえ、世界を維持するだけのマナを放出することのできる神を復活させることが出来れば、それこそ消費した分にお釣りがくるほどマナは豊かになる。
 それならば、一時的にマナが減少しようと特に問題はないはずだ。
 そんなセシルの疑問に、カイは焚火をうけて輝く蒼い瞳を伏せて首を振る。

「サーダルが繋いだのは、ガートライトへの『道』ではありません」
「え?」
「は?」

 リシルとセシルが思わず声を上げる。神へと至る『道』を作っておきながら、ガートライトへと至るものではない?

「サーダルが作ったのは、いまだ眠りしアデルライトへと至る『道』です」

 少女二人は怪訝な顔をする。サーダルが何をしたいのかが、全くわからない。

「サーダルの目的は、女神アデルライトを目覚めさせることです。女神はマナを使い果たしたことによって、永い眠りにつきました。ならば、それを目覚めさせるには、女神にマナを満たせばいい」

 カイは一度言葉を切り、少女たちに透き通った蒼い視線を据える。

「女神のマナで構成されている『アデラ』に充満するマナを、『道』を通じてアデルライトへと集める。それも、極めて短期間で」

 最後の一言に、セシルたちは息をのむ。
 力尽きてなお、分身たる精霊を作り出せる女神が持つマナの量は莫大である。女神の巫である少女二人は、それこそ女神の力が凄まじいということを他の誰よりも“感じて”いる。力尽きた女神が失ったマナを、そんな短期間で賄う、その結果は。

「そんな、世界中からマナが消えるじゃないか!」

 マナは世界を構成する最重要要素である。マナが存在しなければ、生き物はおろか、物質はその形を保つこともできない。マナとは、それだけすべてのあらゆるモノを構成しているのだ。
 悲鳴のようなセシルの言葉に、カイは静かにうなずいた。

「そうです。このままでは、『ガータ』だけではなく、『アデラ』までマナの枯渇による世界危機が訪れることでしょう」

 少女二人は言葉も出ない。自分たちが巫女姫をしている時代に、神話と同じく本当に世界危機が訪れるなんて。
 そんな少女たちを、男二人は真剣に見据え、威儀を正す。

「女神の巫女姫であるお二人に、お願いいたします。サーダルの計画を阻止するために、どうかお力をお貸し願えないでしょうか」
「『ガータ』において、神の力に対抗する術は発見出来なかった。神の力に対抗しうるのは、神の力を使えるであろう巫女姫の力を頼むしか、方法がない。どうか、その力を、俺たちに貸してはもらえないか」

 この通り、というように、二人とも深々と頭を下げた。


   to be continued
女神の巫女姫 | コメント:0 | トラックバック:0 |

エターニア 3

えっと、前回がプレイ総時間8hというところから更新がなかったような。
今何時間だったか忘れました。たしか、10hくらいだったいような?

以下ネタバレ要素あるので、見たくない方はするー。


前回が、ペイルティに行くために乗った晶霊鉄道が終わったところだったと思います。爆弾ボーンって投げるミニゲームあるとこ。

んで、よくわかんない地下洞窟。
あれ、これってノームの洞窟だよね?名前が地晶霊の洞窟だし。ノーム取ってこいなんて話、どっかでしてたかな?それとも、ノームはいったん無視して、とりあえずペイルティに行くんかな?とか思って探索開始。
敵が意外と強い(というか、私が下手なだけなんだけど)ので、戦闘がちょーぜつにめんどくさい。ベルトコンベアみたいなので運ばれてきた宝箱取ったら、2個目以降がミミックでちょーつえぇorz
しかも、爆弾とスコップと鍵があって、一個しか持ち運びできないから、ちゃんと先のこと覚えてないと何往復もしなきゃなんない。たしか、この中の一つは使わなくても、先に進めたような気がするんだよなー。とか思いつつも、宝箱全部ほしいし、ぐるぐる回って、なんとかクリア。
途中でウィスとか初めて、”なつかしー!!”と叫んでしまった。一人で。あれ、何試合もやんなきゃいけないから、めっちゃ時間かかるんだよね。ウィス自体は楽しいんだけど、やるの強制ってのがちょっとめんどい。

地晶霊げとして、地上に出たのはいいんだけど、そこには怪しげな小屋のみ。
あれ、ペイルティは?鉄道乗ったらいけるんじゃないの??
つか、あの洞窟ってノームの力借りなきゃ行き止まりじゃないか。何のために行かせたんだ、ガレノスさん。

疑問符大量のまま入ると、閉じ込められた。あー、ここ、チャットの家か。
アヒルちゃんとぜんまいを各階で探して見つけてどんどん進む!って、一番最初が地下8階って深すぎるわ!!
まぁ、各階間取りがほぼ同じだから、変に迷うこともないし、そもそも一回やったことのあるゲームだから、なんとなく仕掛けとか覚えてるし。一番記憶にあったのは、壁紙が風でめくれて、ソーサラーリングで燃やすとこかな。階を上がった瞬間わかったわ(笑)

んで、ふねげっとー!!
そんときのアニメーション、さすがだわ~と思ってしまいました。ちょっと感動。
でも、あの船、どんな構造してんのかね?発進するときの絵が、ちょっと海面から浮いているように見えるんだけども。船尾の下に突き出た部分だけ海中で、船体自体は海面すれすれ。なんというか、ホバークラフト的な?
でも、確かこの船、最終的には潜水艦にもなったような?たしかこの世界、空は飛ばないはずだから(だってオルバース界面あるし)。セレスティアの技術って侮れないわ。

で、とりあえず氷に覆われたペイルティに着きました。
あー、セルシウスか、セルシウスなのね。
ここで、お着替え。
テイルズの以降の作品で、キャラのビジュアルが変わる称号とか、装備とか出てくるけど、これが最初なのかな?確かファンタジアにはないし、デスティニーにもなかったはずだし。
メルディとファラにトレンチコート渡したら、「男物だ!」って怒られた(笑) そういや、トレンチコートって、イギリス軍の軍服が元だったっけ。関係ないけど、確かダッフルコートも軍服がもとになってて、あれのボタン(ってかトルグ)って、手袋しててもつけ外しが出来るように、とかなんとか・・・。

流石に、一日にダンジョン3個も行きたくなかったので、ここで終了。
うん、20代半ばになれば、10代の少年少女の行動は基本かわいらしく見えるね。リアルタイムの時には私、彼らより年下だし。
時間あるとき、ウィスやろ~っと。
あ、でも、ウィス見ると、ファンタジアのグルービーアーチェもなんか懐かしくなってきたな。・・・やりたい。
でも、セーブないから、最初からやり直し出し。あれって確か、海底都市トールかなんか攻略後だった気がするから、かなりやらないとできないんだよねー。


私がやってるのはこっち PS版↓↓
テイルズ オブ エターニア PlayStation the Best

こっちはPSP版 ↓↓
テイルズ オブ エターニア PSP the Best
ゲーム日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

独り言 その1 03

夜通し起きている皆様こんばんは、こんな朝早くからご起床された皆様おはようございます。
黒ネコの母親琉璃と申します。
更新全くしていなくて申し訳ありません。

こんな時間に何やってんだ、なんてことは言わないであげてください。一応、人としては普通の生活を送っているはず。
もともと、夜になると眠れなくなるんですよね。一応、何度か丸2日寝ずに頑張ってみたこともあるんですけど、寝れないときは寝れないし、寝れるときは簡単に寝れるんで、あきらめました。
どうしても、夜に寝なきゃなんなくて、朝に起きなきゃいけないときには、睡眠導入剤(医者処方)を使ってますんで、まぁ、健康には影響ないのかと。たぶん、寝れないのは精神的なものだろうし。

さて、メインの小説、全然筆が進みません。
なんて言うか、書けば書くほどプロットとずれてくるんですよね。
でも、プロット通りに書こうとすると、私の中で動いている子たちが不自然になるんです。う~ん、どうしたものか。
こういうところが、こまるんですよね。そんなこんなで、プロットを修正するか、何とかしてプロット通りの行動をとってもらうか、試行錯誤しております。
カメもびっくりの遅筆ですが、なまぬるくご覧いただけるとありがたいです。

だいぶ前に作った、『琉璃の本棚』というリンクは、ここでUPした小説を、ブログ形式ではなく、本のほうに、読みやすく掲載される場所に飛ぶことが出来ます。
中身に関しては一緒です。まぁ、そのうち、加筆修正するかもですが、その場合はブログのほうも加筆修正するんで、お気になさらず・・・。
新章は、ブログが一番先、という形です。んで、しばらくしたら、本棚のほうにも掲載する、と。

そんな面倒なことするくらいなら、さっさと次を更新しろって?
お説、ごもっともですm(__)m
日々の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

母 その2

先日から話に上がっている母について、今日ドコモショップに行ってきました。

理由はiPhoneです。

なんでも、今働いてる会社でiPhoneの操作等を教えているらしいのですが、それがまったくわからないとか。
流石に、生徒さんに聞かれるたびに、他の先生に回すのもよろしくないかと思って、購入を検討しました。ほんと、勉強熱心です(笑)

さて、なのでドコモショップにて相談開始。

母「iphoneをね、検討してるんですけど・・・」
店員さん「iphoneですね、何がしたいとか決めてはります?」
母「ワードとか、PDFとかを読みたいんです。それと電子書籍」
店員さん「できるとは思うんですけど、『できる』とは断言できないんですよ」
私(・・・はい?)
店員さん「(主に私を見て)初期設定とかもね、こちらではできないんで、ご自分でしていただく形になりますが、だいじょうぶですか?」
私(はいぃ!!?)

詳しく聞くところによると、iPhoneって、ドコモショップとかの販売店では『販売』しか出来なくて、初期設定、操作説明、その他もろもろ全部アップルストアでしかやってくれないんだそうな。
しかも、iPhone持ってるからと言って、店員が勝手に説明するのも禁止しているそうな。店員の持つ偏った知識のみが客に渡り、その偏った(もしくは誤った)知識のみで判断されることを防ぐためだそうな。

店員さん「そういうことなので、iPhoneをご購入いただいても、大変申し訳ないんですがこちらでは何もできないんですよ。アップルさんが、こちらには何もやらせてくれないんで」

店員さん「正直、おじいちゃん・おばあちゃんが買っていくの、止めたくなることもありますし、止めることもあります」

うん、このおねぇちゃん(店員さんね)、アップル嫌いだな(笑)
正直、私も母もiPhoneをそこまで欲しいとは思っていないので(母に至っては、iPhoneなんて、ほんとはヤダ!とまで言っている)、このおねぇちゃんは、結構いい人だな、と思いました。
だって、

店員さん「せっかくご購入ただいても、何にも教えてあげられないんですよ。他のスマホなら、無料操作説明とか、無料相談とかやってるのに。」

『売る』ことだけがすべてじゃない、という姿勢が素敵だと思いました。こういう人がいる店舗だと、今後何かあったら、そこで買おうかな、とか思います。

で、結局はiPhone購入は思いとどまりました。
理由は、おねぇちゃんの説得のせいではありません。
単に、

店員さん「いま、iPhoneに機種変すると、・・・通信料が倍以上になりますね(汗)」

・ ・ ・ な ん で す と ?

そうなんです、通信料が母の観念からすればありえない金額になるんです。
まぁ、これは、iPhoneだからではなく、スマホに変えるとそうなる、ということなんです。
母はいまだにガラケー使用者。というか、愛用者なので。ちなみに、私も。
なので、母は泣く泣くiphone購入をあきらめました。

別に、母はスマホが使えないわけじゃないんです。
スマホの端末をアマゾンで買って、ガラケーの二台持ちにしてます。
仕事の関係上、スマホを使ってみたいけど、使えるかどうかわからない。使えるかどうかわからないもののために、月々の通信料が上がるのは、困る。
ということから、家の中のWi-Fi環境のみでスマホをタブレットみたいにして使用しています。
母の使用目的では、外で通信する必要がないので、そんな感じにしてみました。家でいろんなものをダウンロードして、それを外で読む。それで十分です。

ほんと、スマホにすると、毎月の通信料がバカ高くなるので困ります。

日々の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

独り言 その1 02

こんばんは、黒猫の母親の琉璃です。

長らく更新もせず申し訳ありません。
私生活のほうが無駄に多忙になった上に、その生活のせいで体力削られて、帰宅後すぐにばたんきゅ~という日々が続いておりました。

その関係で、全然メインである小説が更新できていません。
一応、自分ルールで、1000文字~2000文字の区切りがいい感じができたらUPする、というものがあります。
2000文字以上はできているんですが、それがその次の部分と密接に関係しているんで、今UPすると、後日こそこそと修正することになりそうなので、もう少々お待ちください。

もうちょっと、この多忙さが続きそうですので、更新頻度は今までよりちょっと落ちるかと思いますが、見捨てずお付き合いくださるとありがたいです。

皆様どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m






日々の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

お小遣い その2

またしても、レビューブログさんから。ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

私のモットーは、好きなことして、ついでにお金を稼ぐ、です。
あくまで、ついで。もちろん、こういったネットでの副業に関してですが。体力ないんで、普通の仕事とやりたいことをやったら、副業なんてやるだけの力は残りませんので(笑)
なので、自分のやりたいことをやった上で、そこから利益が発生するならいいなぁ~、というなんともナマケモノ根性丸出しです。

そんな私の目に留まったのが、稼げ勇者たちというアプリ。

これ、いわゆるポイントサイトではあるんですけど、その使用がどちらかというとスマホアプリのRPGに近い感じなんですよね。
RPG好きの私としては、ちょっとやってみたくなる感じです。
興味のないサイトのURLを単なる作業としてクリックし続けるよりは、いいんじゃないかな、と。

今スマホを持っている方で、ゲームアプリを全く入れていない方は少ないと思いますが、それに割く時間を、ほんのちょっとこれに割り当てれば、”稼ぐ”ことはできなくても、”お小遣いをもらう”程度はなんとかなるんじゃないでしょうか。
それこそ、他のゲームのアイテムを一つ買うくらいのお小遣いには(笑)

こういうのって、”すごく稼げる!!”とか書いてますけど、そこに書いてある分を稼ごうと思うと、ものすごい時間と労力が必要になってくるんで、始めるときには、そのくらいの気持ちで始めるのがいいんじゃないかな、と最近思います。

あくまで、ゲームをやったら、子供のお小遣いがもらえた、くらいで。
そんな気持ちで始めたら、気づいたら、自分のお小遣いも稼げるようになっているかもしれませんね。


稼げ勇者たち
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

お年賀

みなさんこんにちは。
黒猫の母親の琉璃です。

今年も残すところ後1か月半、ほんと、月日が経つのは早いものです。

そして、お年賀書かなきゃいけない季節が来るのも早いものです。

我が家では毎年、筆ぐるめにて、自宅印刷しています。
それも我が家の分だけでなく、祖母宅、祖母の妹(つまりは、父のおば)宅の分まで行っております(笑)

当ブログでたびたび登場するうちの母、50代にしてパソコン習い始め、一時はMOS資格全部とり、PCインストラクターやってる、一家に一人いると便利な人です(笑)。もちろん、筆ぐるめの活用方法の授業とかもあるらしく、そこらへんを熟知しています。
しかも、筆ぐるめを使って、表面、裏面のデザインを考え、作成するのにそこそこ楽みを見出しています。
しかし、流石に歳なのと、ネットする上ではそれほどタイピング技術は必要ないということから、タイピングが少々遅い(そして本人は嫌い)です。1件、2件程度ならいいのですが、大量の新規住所入れるのをとても嫌がります。

そこで役割分担。
母が自宅・祖母宅・祖母妹宅の3件分のデザインを作り、私が住所録の作成をします。
まぁ、私の仕事は数年に一度でいいので、超楽なのですが(笑)
一応、私は自分の分を別に作りたいときには、自分でやります。姉はそういうのが嫌いなので、全部母任せでしたけど(^^;

こういうの、業者さんに発注してしまってもいいんだとは思いますけど、デザインの自由性と、一度住所録を作ってしまえば、それほど労力を使わない、というところがメリットですね。
デザインにそれほどこだわらないなら、中にある画像をそのままぺたっとしてしまえばいいですし。

面倒なのは、印刷を失敗しないか、というところくらいですが、やっすいはがき大(で郵便番号の枠があるあやつ)の大きさの紙を用意して、何度かためし印刷してみれば問題ありません。
こうすれば、ほとんど書き損じも出ませんし。

プリンターのインクも、正規品じゃなく互換性のものを使えば、安くつきます。
ホント、正規品って高いんですよね(^^;
どうでもいい情報ですが、プリンターを購入するときは、使用するインクの種類を確認することをお勧めします。できるだけ少ない数の色使用で、セット売りしているものがおすすめです。うちはそれで一回面倒な目にあいました(笑)

年々、年賀状を送りあうというこのが減っているご家庭が多いと思いますが、やっぱ、年賀状って大切だな、と最近つくづく思います。
住所を知っている、ということは、その人が実在している、ということをきちんと認識できるような気がしますので。メールって、ほんとバーチャルな関係だけでも十分可能ですからね。

面倒ではありますが、この習慣、できるだけ続けていこうと思います。


年賀状作成ソフト ↓↓



プリンター用互換インク ↓↓



日々の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

女神の巫女姫 no.7


「未成年者略取、の現行犯ですね」

 突如、緊迫した雰囲気の中には、場違いな言葉が、場違いな声音で響いた。

「あんたたち・・・」
「間に合ったようですね」

 呆然と呟くセシルに、介入してきた男――港町で出会った王子様が微笑みかけた。

「おやおや、次元をわたって来てしまいましたか。そのまま大人しくしていればよかったものを」

 そういって、赤髪の男はセシルたちのいる位置とは、反対にいる介入者たちに顔を向ける。

「サーダル、お前の好きにさせるわけにはいかない」

 王子様の兄が、腰に佩いた剣の柄に手をかけながら、油断なく男―サーダルを見つめる。
 王子様たちと、セシルたちとを見比べたサーダルは、溜息を一つ吐く。面倒だ、と態度で如実に表しながら。

「ここは引きましょう。セシル、リシル、またお会いしましょう」

 短く何かを呟くと、サーダルは現れたときと同様に、空間の歪みを生じさせて、一瞬で消え去った。

「・・・何が起きてるの?」

 呆然と呟くリシルに、王子様が声をかける。

「お怪我はありませんでしたか」

 春の日差しのような、柔らかな微笑みとかけられた言葉は、一般的には恋に落ちるような場面だが、リシルはほやんとした笑顔で返すだけ。

「えぇ、だいじょうぶよ。ありがとう」
「あんた達には助けられたね。礼を言っておくよ」

 王子様と、近づいてきた兄に、セシルは礼を言う。けれど、偶然にしてはできすぎているし、彼らも、サーダルと縁のある者であることが分かった今、それだけでは終わらないだろう。
 だから、セシルは単刀直入に聞いた。

「あんた達は、何者なの?」

 その言葉に、王子様は笑みを深くする。この瞬間を、待っていたのだとばかりに。

「お話したいことがたくさんありますので、このあたりで野営でもいかがですか。ちょうど日も傾いてきたことですし」

 空を見上げる王子様に倣って、あたりに意識を向けてみれば、確かにかなりの時間がたっているようだった。

「そうだな、少し早いけど、野宿の準備をしよう」

 そうして、セシルたち4人は支度を始めた。



 野営の火を囲みながら、まずは自己紹介が始まった。

「マトリスでお会いしてますから、初めましてではありませんが、自己紹介から。僕はカイフォード、こちらは兄のジークハルトです」

 王子様、もといカイフォードの隣で、ジークハルトは火をつつきながら、視線だけで紹介を済ませる。

「あたしはセシル」
「リシルよ」
「僕のことはカイと呼んでください」
「俺はジークでいい」

 二人の自己紹介を聞いたカイとジークがそれぞれに付け足す。

「お気づきかと思いますが、僕たちが貴女たちとあの街で会ったのは偶然ではありません」

 落ち着いた低めの声音が、慎重に話し出す。
 やはり、というかカイたちの探し人はセシルたちをあったらしい。

「僕たちは、女神の巫女である、貴女方を探していました」

 セシルは、静かに息を詰める。
 そう、セシルとリシルは双子の『巫女姫』。サーダルに狙われて15の時にそこを出るまで、生まれた時から神殿の奥深くで暮らし、育てられた。
 アデラ創世神話に出てくる女神の巫女姫は、二人いて、それぞれ『舞姫』と『歌姫』と呼ばれている。世界の危機を救った時の、二人の行動からそのように呼ばれるようになったという。どのような行動をとったのか、詳細は文献には残されていないが、そのように呼ばれているのだ。
 その巫女姫を探している、とは、どういうことなのか。

「サーダルが、あなた達は次元をわたって来たって言ってたけど、あれってどういう意味かしら?わたし達、次元の違うところに知り合いなんていないはずなんだけど」

 セシルの緊張をよそに、リシルが疑問を発する。疑問の持ち方が、多少ずれてはいるが、彼らがセシルたちを探していた理由につながるものがあるのは間違いなかった。

「僕たちは、ここ『アデラ』と隣接する世界『ガータ』から来ました。

 カイの言葉に、セシルは今度こそ、はっきりと息をのむ。
 隣接する世界『ガータ』。女神アデルライトの弟神が創った世界。『アデラ』を侵略した、弟神ガートライト。

「・・・・・・神話じゃ、なかったのか」
「『巫女姫』が存在するんだ、『ガータ』が存在しても、おかしくないだろう」

 押し出すように、言葉を出して呆然とするセシルに、ジークがいぶかしげに口を挟む。
 神話に存在する世界が、現実に存在する。そして、人が渡ってくるということは、つまり。

「マナの減少は、伝説と同じ世界の危機だっていうのか」

 セシルのつぶやきに、リシルも息をのむ。
 マナの減少は時々、起きなくもない。どこかの村や国が、大規模な儀式を行ったりすると、一時的に世界にたゆたうマナが減り、世界中に影響を及ぼす。
 けれど。

「そうです。このままでは『アデラ』も、滅亡へと向かうでしょう」

 焚火の揺らめく炎に照らされたカイの顔は、歪な影をつくりだしていた。



   to be continued
女神の巫女姫 | コメント:0 | トラックバック:0 |

サポーター探し

ってことで、さっそくレビューブログさんから(笑)ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

先日お話したんですが、母が膝が悪いんですよ。
なんでも、筋肉が固まってるとかなんとか。
でしかも、冷えると余計痛みが増すんだとか。
病院行ったすぐ後に、薬局行って、普通に売ってる膝サポーターとか覗いてみたり。

そんなことを言っていた矢先に、こんな記事見つけてしまったら、思わず覗かずにはいられませんでした(笑)


膝をサポート保護し快適さをご提供する
Shock Doctor社の膝用サポーター



思わず見てみると、あれ?と思いました。
だって、スポーツ選手がするようなサポーターの説明かと思いまして。
まぁ、この記事見て、プロのスポーツ選手がなんで肘 サポーターとか、してるのかは分かったのですが。

んで、目的の膝サポーターがあったのか、というと。

膝 サポーター
http://www.proavance.co.jp/pst/index.html

あ、なるほど、状態別にいくつか選べるのね。
日常生活用とかもあるのか。しかも保温性あり。今の母にはとてもいいかもしれない。
すでに痛みがあるくらいだし、パフォーマンスレベル2位のほうがいいのかしら?
母の具合から、ちょっと弱ってる、程度ではなかった気がするんで。
さすがに、3ほど、がちがちに固める必要はないだろうし。


ついでに、一緒に乗ってた足首 サポーター
http://www.proavance.co.jp/pst/ankle/ankle.html

母は昔バスケやってたらしく、そのとき足首捻挫して、軽くクセになってるんだとか。
そういう場合には、1くらいのレベルのものがいいのかしら?
歳いってくると、こういったもので補強しながらのほうが、ヘタにケガとかしなくていいんだろうなぁ・・・。
あ、80のばあちゃんに進めてみようかしら。あの人、運動嫌いで、3センチの段差に躓いてコケて、指の靭帯切ったことあるし(汗)
そうならないためにも、多少高くても、あらかじめ、筋肉をサポートするものをつけておくべきなんだろうなぁ。

自分の身内に、自分より年上しかいないと変な心配ばかりしてしまう(笑)
ホントはこの会社の製品は、めっちゃ野球とかサッカーとか、そういった部活頑張ってる息子(または娘)を応援するママが興味を持つべきなんだろうけど(笑)

やっぱ、本格的なものを買うべきなんだろーか?



膝 サポーター
<URL> http://www.proavance.co.jp/pst/index.html

足首 サポーター
<URL> http://www.proavance.co.jp/pst/ankle/ankle.html

肘 サポーター
<URL> http://www.proavance.co.jp/pst/elbow/elbow.html


その他 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。