FC2ブログ

黒ネコ琉璃の噺とゲームの小部屋

琉璃が思いつくままに小説を書いていく部屋です。テイストはラノベ、少女小説といったところでしょうか。眠れない夜のお供にでも。ときどき(?)ゲームと飼い猫の話もつぶやくと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

女神の巫女姫 no.16

 強く輝く青玉と翠玉の視線が、穏やかな風の吹く坂道の上で交錯する。さやさやとなる葉擦れの音が耳に響くほどの静寂が、あたりを満たしている。
 先に視線を逸らしたのは、少女のほうだった。

「別に、そんなに変なことだとは思わないけどなぁ」

 体を反転させ、足をけり出すようにゆっくりと歩き出す。そんな少女についていくように、青年もそのままの距離を保って歩く。困ったような声で、何かを話し出そうとする少女の心を慮って。

「だって、わたしを必要としてくれるのは、セシルしかいないんだもの」
「・・・『巫女姫』のあなたはそれだけで、この世界では必要とされる存在なのでは?」

 独り言に似た、少女の呟き。自嘲を含む声音は、普段ののほほんとした少女には不似合いなもの。

「確かに、『巫女姫』のわたしを必要としてくれる人は多いわ。女神の恩恵である、精霊たちの加護を一身に受けてるんだもの、当然よね。・・・でも」

 言葉を切って、軽く息をつく。少し上った丘の上から見える遠くの景色を眺める横顔には、薄く浮かべられた笑み。けれど、口元とは裏腹に、瞳の中にはどこか寂しげな光。

「「わたし」を必要としてくれるのは、セシルだけだもの」
「・・・・・・・・・」

 降り注ぐ光は温かく、吹き抜ける風はさわさわと心地よく肌をなでる。のどかな光景にふさわしい、春を体現したような光に満ちた少女の中には、その外見とは似つかわしくないものが潜んでいる。
 そのアンバランスな危うさは、見る者の視線を引き付ける何かがあった。儚げにさえ見えるそのたたずまいは、触れれば壊れてしまいそうで。
 カイが魅入られたように、見つめることしかできない中で、少女はふっと、その纏う空気を変える。まるで、今までのものは白昼夢であったかのように、真昼の光の中に消えていた。

「まぁ、どんな形でも、必要とされているっていうだけで幸せなのかもしれないけどね」

 ふわりと微笑んで青年を振り向く少女の顔は、その雰囲気に似つかわしい、無邪気なもの。何一つ思い悩むことなどないというような、明るい表情。
 けれど、一瞬で消された儚さのほうが、きっと少女の本当の姿なのだろう。
 常に浮かべられている、子供らしさを残すふわふわとした表情は、少女が自分を守るための武装なのだ。『巫女姫』という重責を負い、早く大人にならなければならなかった少女の。

「さ、先を急ぎましょ。このままだと、セシルたちに置いていかれちゃうわ」
「・・・そうですね。急ぎましょう」

 いつか少女が、装うことのない表情をすることができることを、心の中で祈りながら、カイは歩く速度を上げてリシルの後を追った。



   to be continued
スポンサーサイト
女神の巫女姫 | コメント:0 | トラックバック:0 |

黒猫 5

みなさんこんにちは、黒ネコの母親琉璃です。

猫のようにこたつで丸くなって寝ていられる人生(猫生?)って、超うらやましいと思ってしまう私は、人間失格なんだと思います(笑)

さて、うちの息子。

昔っからなのですが、猫としてはいろいろと間違っていることが多いんですが、今日はその中の一つをご紹介。

うちの子、めっちゃ足音なるんです。

猫って、気づいたら間近にいるとか、神出鬼没だとか、ひっそりと忍び寄るだとか、そんなイメージがありますよね。
そんな、気配を感じさせないところが不気味だとか言われたり。

えぇ、うちの子は、そんな不気味さ、一切ありません。


フローリングにひいたクッションマットの上を歩くと

ぺっちゃぺっちゃぺっちゃぺっちゃ


絨毯の上を歩くと

さわさわさわさわ


畳の上を歩くと

ぱったぱったぱったぱった


どこかに飛び乗ると

っっっどたん!!


どこかから飛び降りると

っぼとん!!


何かにびっくりして走り回ると

どったんばったんどったんばったん



・・・・・・とりあえず、ちょっと静かに動こうか。ここ、マンションだし。

人間が歩くのと同じか、それ以上の足音を鳴らすネコ。

育て方、きっとまちがえたんだろうなぁ・・・(遠い目)
黒猫 | コメント:0 | トラックバック:0 |

女神の巫女姫 no.15

 一方、リシルとカイは、ジークの予想通り二人で行動をしていた。
 「魔物」の襲撃を退けた後、リシルが真っ先にセシルの居場所を探索したところ、今リシルたちがいる場所から少し離れた場所にいることが分かった。そのままセシルのもとへ行こうとするリシルを、穏やかな微笑みを崩さないカイがなだめる。

「もうちょっと様子をみましょう。たぶん、セシルは兄さんと一緒にいると思いますので、何らかの動きがあるはずです」

 カイも、あの戦闘中の仲間の動きを把握しており、セシルとジークが近くにいたことに気づいていた。その状況ならば、あの、人を守ることに長けた兄が少女のそばを離れるとは思えない。黒髪の少女は、自分を守ることのない、どこか危なげな戦い方をしていたから。
 その言葉通り、少し経つとセシルの反応は丘の上に向かって進みはじめた。シルフィードのいる、丘の頂上を目指す形になる。
 リシルたち二人は森の中だが、始めの一本道からそれほど離れておらず、もとの道に戻ることが出来る。そこから、シルフィードのいる丘の上までの最短経路をたどると、自然とセシルたちと合流できるため、このまま丘の上を目指すことにする。
 二人は、森を抜け丘の坂道を登りながら、周囲への警戒はしつつも世間話に興じていた。

「お二人は、仲がいいんですね」

 そんな中で、ふとカイが話題を転換した。その転換に不自然なところはどこにもなく、何の意図もないように見える。

「あら、カイたちは兄弟仲よくないの?」

 カイの問いに、リシルは翠の大きな瞳をさらに瞠ってみせ、その言葉を否定することなくさらりと話題をすり替える。
 小首を傾げた拍子に、穏やかな日差しをきらきらと弾く金の髪が、ふわりと小さな顔にかかる。邪気のない、のほほんとした笑顔は見る者の警戒心を崩す効果がある。
 そんなリシルの反応にも、特に表情を崩すことなくカイは答える。

「別に悪いわけではありませんよ。ただ、リシルたちの仲のよさが、特に際立って見えただけです」
「あら、そう?別に普通だと思うわ」

 青年の、春の日差しのような笑顔で、何を含んでいるかのような言葉。
 対するは、少女の、含みなど何も気づきませんと言わんばかりの、無邪気を装った笑顔。
 狐と狸の化かし合いじみた微笑みの応酬は、二人が分かれ道にたどり着くまで続いた。

「別に、他意はないんですよ。ただ、噂通りだなと思っただけです」

 そんな無益な戦いに終止符を打ったのは、道の分岐で立ち止まったカイの困ったような笑顔とともに吐き出された台詞だった。

「現代の『巫女姫』は、格別絆が強い、と伺っていたものですから、本当にその通りだと。ただ、不思議に思って」

 襟足にぎりぎりかかるくらいまで伸ばされた銀髪に隠された首の後ろをかきながら、そんなことを言う。
 立ち止まった青年に合わせて、少女のほうも立ち止まり、数歩後ろにいる青年に振り返る。彼の兄ほどではないが、長身の部類に入る青年の顔を見るには、小柄な少女は仰ぎ見なければならなかった。

「同じ地位にいる近しい者が二人いて、片方が明らかに優遇されている状態で、なぜそんなにも仲がいいのか。いや、仲がいい、なんて生易しい表現では足りない」

 カイはそこで言葉切る。自分の感じるものを表すのに、適切な表現を探して視線を軽く伏せる。
 何か思うところがあるのか、口元に残された笑みはどこか苦味を帯びている。

「まるで、お互いに依存しあっているような。・・・そう、二人だけで、世界が完結している、と表現するのがふさわしい」

 上げられた視線は、その中にある感情を読み取ろうと、まっすぐに少女の翠色の瞳をとらえている。



   to be continued
女神の巫女姫 | コメント:0 | トラックバック:0 |

おでかけ 3

みなさんこんにちは、黒ネコの母親琉璃です。

今年も残すところ後数日。
ホント、年を取るごとに、一年が瞬く間に過ぎていきますね。

で、今回のお出かけはお出かけと言えるものではありません。
単に美容院に髪を染めに行っただけです(笑)

私は基本的に長い髪が好きです。
というか、自分の顔が好きじゃないので、できるだけ顔の周りに髪の毛があるほうが好きなんです。

で、久しぶり(3か月ぶり)に、髪を切りました。
私、めっちゃ髪の毛多いんで、そろそろ洗いにくくなってきてたんですよね。

あ、ちゃんと洗ってますよ!
不潔じゃないですよ!!

で、そのついでに、色もきちんとしてきました。

地髪は真っ黒に近い黒なので、雰囲気柔らかくするために、ちょっと明るく。
でも、傷んで黄色くなるのはいやなので、あまり明るくしすぎないように。

もともと色素の薄い人なら、これくらいの髪色の人はいると思うので、たぶんお堅いめの職場でも許容されるくらいかと。
そのうえで、髪の量を減らしたので、だいぶ軽くなりました。

ついでに、伸ばしっぱなしで分けていた前髪も切ったので、だいぶ幼い感じになりました。

最近、やたら実年齢より幼くみられるので、まずったかな、とかも思ってますが(笑)

そう、最近、やたら幼くみられるんですよ。

昔なんか、年上にしか見られたことなかったのに。
小学生の時点で高校生、
中学生の時点でおばちゃん、
高校のときには、関西のおまわりさんに「おねぇさん」
と呼びとめられる程。

う~ん、どうやら、高校生あたりから顔が変わっていないような?
やっと顔と実年齢が一致してきたような??

そんな感じなんですよね。









日々の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

おでかけ 2

皆さんこんばんは、黒ネコの母親琉璃です。

3連休は寒波が襲うとかで、マジ寒かったです。

本日は、大学時代の友人と嵐山の花灯路にいってきました。
た大学時代に、東山の花灯路には行ったことがあるのですが、やっぱ京都の夜は趣深くていいですね(^_^)

出発が少し遅くなったので、そんなにゆっくりは出来なかったんですが、竹林の間をゆったり歩いてきました。

夕飯は、河原町あたりでお好み焼きと塩焼きそばです。
これもまた美味しかったので、満足(*^^)

今日の友人は、びっくりするくらい波長の合うコで、一緒にいると落ち着くし、とても楽しいんですよね。
ほんと、あいしてます(笑)

彼女ほど好きになれた人間が存在しないところもまた、私に恋人できない理由だと思います。
なんていうか、興味がもてないんですよね。
なので、彼女より好きだと思える人をますさがしたしたいと思います(笑)









初めに | コメント:0 | トラックバック:0 |

お出かけ

皆さんこんばんは、黒ネコの母親琉璃です。

最近寒さが身にしみて、布団から出たくないです。
うちは、なぜか昔から室内が暖かいため、冬の暖房はホットカーペットのみなのですが、ここ数日はヒーターを使っています。
エアコンは、床より頭付近があったかくなってしまうので、あまり好きではありません。

さて、この間の昨日、友人と食事をしてきました。
普段遊ぶ大学時代の友人ではなく、3年ぶりに会う、高校時代の友人です。

なんでも、同じ部活だった子が結婚するから、その寄せ書きを作りたいそうです。
うちは超弱小部だったので、同学年部員は7人でした。
そしてなにより、先輩が3人しかいませんでした(^-^;
そんなこともあって、1人でも欠けると練習ができなくなるという、辞めること不可、な状態だったため、当時の7人は仲がよかったんです。

ただ、7人中4人が、一般的な女の子といいますか、彼氏がどうの、ファッションがどうの、音楽がどうの、という話題が好きで、それに一生懸命でした。

その4人の方と仲のよかった私は、残念ながら、彼女達のように、そういったことにあまり興味がもてず、なんとなく疎外感のようなものを感じて過ごしていました。

決して彼女達が、嫌いな訳ではなく。好きだからこそ感じる疎外感です。

そんな関係なので、卒業後彼女達とはあまり連絡は取っていなかったんです。

で、お食事いってみたんですが。

やっぱりというか、何というか、完全なリア充でした(^^;)

別に、リア充がそんなにいいとおもっている訳ではありませんが、あたかもそれが「当たり前」のようなムードでいられると、なんていうか、如何に自分が人として劣っているのか、というのを見せつけられている気がして。

あ~、やっぱり、この子達とは人種が違うんだなぁ、と思わずにはいられませんでした。

天は二物を与えないというか。ほんと、私から見たら何でも持っている子達です。
もちろん、彼女達にも辛いことやコンプレックスはあるとはわかっているんですけどね。

はぁ、ちょっと落ち込み。
うん、私はきっと結婚はおろか、恋人もできないだろうから、ひとりで生きていけるだけの心の強さを持てるように頑張ろう!!
日々の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

女神の巫女姫 no.14

 ジークは手当てに礼を言ったにもかかわらず、その傷の原因となった自分は感謝どころか、謝罪もしていない。恩知らずもいいところ、な自分の行動に、一気に羞恥心がわく。

「あ、あの・・・その、ごめん」
「・・・・・・?」

 セシルは、とにかく早く何か言わなければという焦りから、謝罪の言葉に詰まるわ、何に対する謝罪なのかわからない発言になる。男のほうからすれば何の脈絡もない謝罪に、どう反応すればよいかわからないらしく、意味が分からない、と目顔で語っている。

「えっと、その傷、あたしをかばったから。そんな必要なかったのに。ごめん・・・それから、ありがと」

 しどろもろどではあったが、何とか言葉を紡ぐ。
 そんな少女の様子に、男は少しだけ視線を和ませたが、すぐに引き締め聞かなければならなかったことを聞く。

「あのとき、なぜ避けなかった?」

 そう、少女はあのとき、避けられなかったのではなく、避けなかったのだ。あのままジークが間に割って入らなければ、「魔物」の吐いた炎は確実にセシルに届き、無防備な背中を焼いたはず。傷を負うことが確実な攻撃を避けないなど、自殺行為でしかない。

「・・・あれは、避けなくても大丈夫だったの」

 言いにくそうに、視線を合わせずに申し開きをする少女に、男は視線を鋭くする。
 あんな心臓に悪い自殺行為を、そう度々されてはかなわない。きちんと理由を説明するまで、引き下がるつもりはなかった。

「あたしね、他人からのマナの干渉を受けないんだ」

 その説明だけでは不十分。視線でそう訴える。

「巫女姫だからかな?昔から、他人の精霊術とか、「魔物」のつくる火とかかまいたちとか、そういったものが効かないんだ。あたしの体に触れた瞬間に、消えてなくなっちゃうの。どんな原理でそうなってるのかは、神殿にも、リシルにもわかってないんだけど」

 説明を終えたセシルに、ジークが確認をする。

「つまり、あの炎はお前に触れることはなかったと?」
「・・・ごめん。あんた達にはちゃんと説明しとくべきだった。説明してたらそんな怪我、しなくて済んだのに・・・。ほんとにごめん」

 心からの謝罪とともに、深く頭を下げる。
 生まれた時から一緒にいる少女たちにとって、セシルの特異体質は当たり前であったし、このことを知っている神殿の人間意外と旅をすることもなかったため、説明を要するものであるという認識がなかった。しかし、他人を負傷させたのでは、そんな言い訳はできない。
 頭を下げた少女を前に、男は深く溜息をつく。別に、傷を負ったことに謝罪を要求したつもりはなかったのだが。

「別に、大した傷でもない。・・・次からは気を付けろ」

 ぽんぽん、と少女の頭に手をのせてからなんでもないように話し出す。

「少し時間を食ったが、合流のあてはあるのか?」

 男の行動に、触れられた頭を押さえてしばし呆然としていた少女は、我に返る。

「・・・あ、えっと、これ」

 あたふたと、革紐で首から下げていた石を見せる。大きさは親指の爪ほどで、金髪の少女の瞳を思わせる美しい翠の輝きを持った珠だった。

「あたしは精霊術を使えないから、あたしからリシルの居場所を探ることはできないんだけど、リシルはこれの場所を探知することが出来るんだ。」
「なるほど。向こうからの接触を待つしかないということか」

 ジークはそう言って思案する。その間に、セシルは落ち着きを取り戻し、どうすべきか考える。 

「ならば、俺たちはこのまま精霊の居場所へ向かおう」

 しばし沈黙した後、ジークが口を開いた。
 もともとの目的地は精霊シルフィードのいる場所なのだから、自分たちがこのまま向かえば、その後を追ってくるリシルもセシルたちの行動や行き先の予想がつくだろうし、先に行っていた場合は、途中で待っていることもできる。リシルとカイが一緒にいなかったとしても、カイならば今回のようにはぐれた場合、もとの目的地へと向かうと考えられるから、結局はシルフィードのところで落ち合える。

「これが一番、効率がいい」

 そう締めくくって、セシルに目顔で同意を求めてきた。その視線は押しつけがましくはなく、よりよい案があるならば受容する意思が見て取れた。
 その余裕にあふれたジークの態度に、釈然としないものを感じながらも、セシルはうなずく。自分ばかりが乱されて、面白くない。が、そんな感情に振り回されて異論を唱えるほど子供ではない。そんなところ。

「よし、なら行くぞ」

 セシルの心の内を知る由もなく、ジークはシルフィードの坐す、丘の上を目指して歩き出した。


   to be continued

女神の巫女姫 | コメント:0 | トラックバック:0 |

独り言 その1 08

みなさんこんばんは、黒ネコの母親琉璃です。

相変わらずこんな時間に書いてます。
ブログって、更新時間によって、アクセス数変わるから、ちゃんとした時間にかかなきゃな~とは思うんですけど・・・
そういう時間ってすぐに忘れちゃうんですよね。
忘れても、困るのが自分だけで、しかも、たいして困らないからなおさら。

さて、昨日UPしたブログ、スマホで書いたって言いましたが、
なんでか調子が悪くて、女神の巫女姫がUPできなかったんですよね。

すでに下書き保存だったんで、公開設定にして保存すればいいだけだったのに、それが出来ない。
ちょっと、イライラしました。

しかも、あのブログ更新の後、家のWi-Fi環境がおかしくなり、PCをネットにつなげなくなるという・・・。

説明書見たり、モデム再起動したり、いろいろめんどかった・・・。

基本的に、我が家の家電製品の接続・設置は私の仕事なので、一通りできます。
今我が家にあるPCはすべてノートですが、一時期は2~3台のデスクトップがあったので、それの配線はすべて私がやってました。

PCのセットアップも、なんちゃらソフトのインストールも自分でやります。
スマホ・PCの性能比較も自分で調べたり、店のおにいちゃん、おねえちゃんに聞きに行けます。

そう、専門的なことはわからないけど、日常での普段使いには何ら困ることのないだけの知識と知恵があります。

よく、男性と仲良くなるためにvみたいな記事で
電化製品系でわからないことを聞く、お願いする、とかあるんですけど、
あれ、私できないんですよね。

そう、ますます出会いが遠のいていく・・・

まぁ、もともと、かわいげなどというものは持ち合わせていないので、どうしようもないんですけどねぇ。

電球も自分で変えれますし(流石に、LED照明の配線工事まではできないけど)、高いところのものも取れますし(踏み台使えば当たり前)、ジャムの瓶のふたも開けれますし(ゴム使えばいいんだよ)。

まぁ、ときどき、開かないペットボトルとか、抜けないコルクとかはありますけど(笑)
コルクは下手に力づくでやると、折れたり割れたりするから、コツがいるんですよね。
・・・ん?コツは「ある」のか?「いる」とはいわないのか?
まぁ、いいや。


あれ、スマホから始まって、なんで終わりがコルクなんだ?
ん~、やっぱ私の書く話って支離滅裂だわ。
日々の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

独り言 その1 07

こんばんは、黒ネコの母親琉璃です。

こんな深夜に更新してんじゃねーよとかのツッコミはナシな方向でお願いします。

実はこの記事、スマホで書いてるんです。
最後の更新が12日だったんで、そろそろ更新しないとなぁ、とか思いまして。

でも、スマホ、ちょー書きにくい(*_*;
顔文字はたくさんあるけど、べつにそんなに使わないしなー。

いつぞやの、深夜の有吉とマツコの番組で、マツコのお友達が、「長文打てなくなったのよ~」って言ってたらしいけど、ほんと、これじゃ、長文打つ気なくなるわ。

あのとき出てた、既読無視を怒るなって意見私賛成何ですよね。
確かに、出欠とか、なんかの日程決めるとか、返事の必要なものなら怒るのはわかるんです。
あのときマツコの言ってた、「おはよう」ってきたら「おはよう」も、まだわかります。

でも、たとえば、

おはよう

おはよう、今日も仕事がんばろう!

うん、がんばろう!

って、この後返す必要ある?
話完結してんじゃん。
わざわざ何か話題提供しろっての?
まぁ、この程度の会話の後くらいなら、テキトーに話題も提供できるが、色々やり取りしたあとでも、だめなの?

こんな感じの問題を、私高校のとき、メールの時点で経験してるんで、ホントいや。

どうやら、私は男性的なタイプらしく、用事がないと、連絡とるのがめんどうなんです。
なので、世の男性が、「カノジョとのメールのやりとりがめんどうになるときがある」というのが、すごくよくわかります。

ラインって、既読未読が相手にわかってしまう分、メールにもまして、「何で返事くれないの?」って言われそうで、やりたくないんですよ。
しかも、私的には、ラインのメリットがよくわからないんで、なおさらやりたくねー。

でも、グループとかでの連絡は、確かにラインの方が便利だろうし、皆がラインやってるからやらないと周りに手間かけさせるから、一応タブレットでやってますけどね。

現在も、頑なにガラケー愛用してるのも、理由の一つがこれです。

ホントは機械系好きなんで、スマホとか、ちょー使いたいんですけど、使うことによる柵の増加を懸念して断念。

ガラケーだと、ラインもTwitterもFacebookも、そんなにやらなくても言い訳たつんで。

あー、スマホ使いたい!!

初めに | コメント:0 | トラックバック:0 |

独り言 その1 06

みなさんこんばんは、黒ネコの母親の琉璃です。

今日はホント寒かったですね。

私は、自分用じゃないのに、年賀はがきを買いに郵便局まで走らされました。
まぁ、家族内で底辺の存在ならば当然の扱いですね(笑)
今更過ぎて、この扱いに異議を唱えることすらしません。

さて、今日は、珍しく2話一挙更新です。
ホント珍しいですよねー。だから寒波がきたのかな?(笑)

とか言いながら、タネは簡単です。
1話のみの更新だと、量が少なすぎると思ったから。

ホントは、今回うpした12と13は一つだったんですけど、一話は1000~2000文字って決めてる関係上、分けざるを得なかったんです。
というか、本当は12から14までは一つ。でも、14はそれだけで2000文字近くあるので、あれは単発うpでもいいかなぁ、と。

一気に更新してしまうと、訪問者数が伸びないんで(←姑息)、小出しにする、という戦法をとってみました(笑)
ホントは、ちょっと練り直したい、というか、きちんと読み直ししようと思っただけなんですけどね。

って、ことで、一応14は出来上がっているので、一度読み直して近日中にうpしまーす。







日々の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。