FC2ブログ

黒ネコ琉璃の噺とゲームの小部屋

琉璃が思いつくままに小説を書いていく部屋です。テイストはラノベ、少女小説といったところでしょうか。眠れない夜のお供にでも。ときどき(?)ゲームと飼い猫の話もつぶやくと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

黒猫 03

みなさん、おはようございます。
黒猫の母親、琉璃です。

今日はものすごく気温が下がるそうな・・・。
気を付けてお出かけください。

今日も今日とて、息子の黒猫と布団の奪い合いをしています。
母親だからって、譲ってあげるなんてことはしません。だって、ヤツはもこもこの毛皮に包まれてるんだもん!絶対に私よりあったかいもん!!

そんな彼は、最近やたらと文句をいうようになりました。
諸事情により、私が数年実家を出ていたのですが、それまではそんなにしゃべらなかったのに・・・。

どんなことで文句を言うかというと。

抱っこする → 今はそんな気分じゃない
「ぅやぁ~」

ご飯(普段は与えられない、おいしいもの)が欲しいのに、もらえない
「あぁ~ん。あぁぉ~ん」
 ときには両前足で「ねぇ!!」と言わんばかりにどつく。

毛をむしる(というかブラッシング) → だんだんいやになってくる
「ぃやぁ~」

うちの子は、「にゃん」と鳴いたためしはありません。
「ぅ~」とか、「あぉ~ん」とか、ときにはもう「わぉ~ん」にしか聞こえないときとか。

そして、

「ご飯食べる?」

と聞くと、基本的に

「あん」

と返事をします。

まぁ、このくらいならしゃべる猫はいっぱいいるでしょうが。

昔は、こっちがしゃべりかけたら返事(のようなもの)をする、というくらいしかしゃべらなかったのに、小さな子供のように意思表示をするようになってきました。
声もそんな感じだしね(笑)

そんな、(人間年齢)50越えのおっさん猫の日常でした。



スポンサーサイト

黒猫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<お小遣い | ホーム | 女神の巫女姫 no.6>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。