FC2ブログ

黒ネコ琉璃の噺とゲームの小部屋

琉璃が思いつくままに小説を書いていく部屋です。テイストはラノベ、少女小説といったところでしょうか。眠れない夜のお供にでも。ときどき(?)ゲームと飼い猫の話もつぶやくと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

女神の巫女姫 no.16

 強く輝く青玉と翠玉の視線が、穏やかな風の吹く坂道の上で交錯する。さやさやとなる葉擦れの音が耳に響くほどの静寂が、あたりを満たしている。
 先に視線を逸らしたのは、少女のほうだった。

「別に、そんなに変なことだとは思わないけどなぁ」

 体を反転させ、足をけり出すようにゆっくりと歩き出す。そんな少女についていくように、青年もそのままの距離を保って歩く。困ったような声で、何かを話し出そうとする少女の心を慮って。

「だって、わたしを必要としてくれるのは、セシルしかいないんだもの」
「・・・『巫女姫』のあなたはそれだけで、この世界では必要とされる存在なのでは?」

 独り言に似た、少女の呟き。自嘲を含む声音は、普段ののほほんとした少女には不似合いなもの。

「確かに、『巫女姫』のわたしを必要としてくれる人は多いわ。女神の恩恵である、精霊たちの加護を一身に受けてるんだもの、当然よね。・・・でも」

 言葉を切って、軽く息をつく。少し上った丘の上から見える遠くの景色を眺める横顔には、薄く浮かべられた笑み。けれど、口元とは裏腹に、瞳の中にはどこか寂しげな光。

「「わたし」を必要としてくれるのは、セシルだけだもの」
「・・・・・・・・・」

 降り注ぐ光は温かく、吹き抜ける風はさわさわと心地よく肌をなでる。のどかな光景にふさわしい、春を体現したような光に満ちた少女の中には、その外見とは似つかわしくないものが潜んでいる。
 そのアンバランスな危うさは、見る者の視線を引き付ける何かがあった。儚げにさえ見えるそのたたずまいは、触れれば壊れてしまいそうで。
 カイが魅入られたように、見つめることしかできない中で、少女はふっと、その纏う空気を変える。まるで、今までのものは白昼夢であったかのように、真昼の光の中に消えていた。

「まぁ、どんな形でも、必要とされているっていうだけで幸せなのかもしれないけどね」

 ふわりと微笑んで青年を振り向く少女の顔は、その雰囲気に似つかわしい、無邪気なもの。何一つ思い悩むことなどないというような、明るい表情。
 けれど、一瞬で消された儚さのほうが、きっと少女の本当の姿なのだろう。
 常に浮かべられている、子供らしさを残すふわふわとした表情は、少女が自分を守るための武装なのだ。『巫女姫』という重責を負い、早く大人にならなければならなかった少女の。

「さ、先を急ぎましょ。このままだと、セシルたちに置いていかれちゃうわ」
「・・・そうですね。急ぎましょう」

 いつか少女が、装うことのない表情をすることができることを、心の中で祈りながら、カイは歩く速度を上げてリシルの後を追った。



   to be continued
スポンサーサイト

女神の巫女姫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<お願い | ホーム | 黒猫 5>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。